ビジネスインテリジェンスとは?ビジネスインテリジェンス(BI)の意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、ビジネスインテリジェンス(BI)の意味を解説していきます。

ビジネスインテリジェンス(BI)とは
企業が社内のデータを体型定期に分析するプロセス、
またはそのためのソリューション、システムを指します。

特にビジネスインテリジェンスを実現するためのツールを
BIツール・BIシステムと呼ぶことがありますが、
データの分析や解析をするためのツールのことを総称して
ビジネスインテリジェンスと呼ぶことが多くなってきています。

ビジネスインテリジェンスといった場合には、
特にお金に関するビジネス分析を行うことが多くなります。

ビジネスインテリジェンス(BI)とは自社のデータなどを分析してビジネスに活かすこと

ビジネスインテリジェンス(BI)は
簡単に言えば、経営者や社員が自社の分析、
たとえば、売上分析、利益分析、顧客動向分析などを
外部の専門家などの頼らず、社内で行うことで
迅速な意思決定について役立てるべきだ、という意味を持つ
ITやWebマーケティング業界で使われる用語です。

ビジネスインテリジェンス(Business Intelligence)の頭文字を使って
BIと省略されることもあります。

1989年にガートナーグループのハワード・ドレスナーが
使い始めた言葉だと言われています。

ハワード・ドレスナーの主張によるビジネスインテリジェンス(BI)の意味は、

「企業内外の事実に基づくデータを組織的かつ系統的に蓄積・分類・検索・分析・加工して、ビジネス上の各種の意思決定に有用な知識や洞察を生み出すこと」

だと言われています。

つまり、企業内のデータを経営者や社員たちが自ら分析し、
迅速に意思決定を行っていくというのが
ビジネスインテリジェンスの意味になるのです。

ビジネスインテリジェンス(BI)でこれまで死蔵されていたデータを活かすことができる

外部の専門家に情報分析を依頼する手法や
従来の情報分析ツール・情報システムを使った情報分析では
分析した情報を意思決定などにうまく活かすことができず、
蓄積したデータを死蔵させてしまったり、
システムを使った定型的な報告しかできない状況にありました。

しかし、ビジネスインテリジェンスなら、
自社で現場のスタッフが自ら情報の分析・解析を行えるので、
自らの業務に必用な情報を引き出したり、
扱いやすい状態に加工することができます。

そのため、これまでは蓄積して死蔵させるだけだったデータについても
現場で分析することによって、意思決定に役立てたり、
企業活動に有効な使い方をすることができます。

ビジネスインテリジェンス(BI)のためのBIツール・BIシステム

ビジネスインテリジェンスを企業活動に導入する場合、
基本的にはBIツール・BIシステムと呼ばれる
ツールやシステムを利用することになります。

BIツール・BIシステムは専門家が利用する高度なツールやシステムではなく、
企業の社員が誰でも利用できるように、
一般の利用者が使うことを想定したツール・システムになっています。

そのため、複雑な操作が要求される
コンピューターの専門家向けのツールやシステムではなく、
オフィスソフトのように、一般の利用者でも使える
ツールやシステムになっています。

簡単な操作でも自社のデータベースとの連携や、
データの検索・収集、多次元分析などができて、
さらにその分析結果をグラフや表などを用いて
分かりやすいレポートにまとめることができます。

現場の社員がデータ分析を行い、すぐに意思決定に役立てる、
つまり、ビジネスインテリジェンスに役立てるツールとして
BIツール・BIシステムは必要になってきます。

そのため、専門家以外でも扱えるような
システム・ツールとなっています。

具体的なビジネスインテリジェンスの分析手法・事例

では、具体的にビジネスインテリジェンスで
どのような分析を行うことができるようになるのでしょうか?

たとえば、営業部門が行う営業分析なら、
「自社から半径5キロ圏内に競合はどれだけいるか、その中でも10年以上経営が持続している店舗の売り上げの傾向はどのような状態か」
など、知りたい情報の質問をBIツール・BIシステムに投げかけることで
返答を得ることができるのがビジネスインテリジェンスです。

他にも、

「直近半年で購買履歴のある顧客などのような行動の傾向があるか」
といった顧客分析や、

「自社製品の中で年収1000万円以上の世帯に売れている商品はどのようなジャンルの商品か」
などの製品分析にも用いることができます。

このような分析を現場の社員が行うことができるため、
ビジネスインテリジェンスを使うことによって
迅速な意思決定につなげることができるのです。

まとめ:ビジネスインテリジェンス

ビジネスインテリジェンスを利用することによって
これまでに死蔵されてしまっていたデータを有効活用したり、
また、現場の迅速な意思決定に役立てることができます。

外部に情報分析を依頼していた場合や、
社内の専門部署のみで情報分析をしていた場合には、
ビジネスインテリジェンスを導入することによって
業務の改善を期待することができます。

以上が、マーケティングの用語、ビジネスインテリジェンスの意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP