販売管理とは?販売管理の意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、販売管理の意味を解説していきます。

販売管理とは、製品やサービスの受注、
商品の出荷や納品、代金の回収など、
製品やサービスの販売業務の管理を行うことを指します。

マーケティング活動では
消費者や顧客が求める製品・サービスを生み出し、
人々に供給を行っていきますが、
販売管理はそのマーケティング活動における
販売活動・業務を効率化し、円滑に行うためのものです。

販売管理を行う目的、販売管理で目指す目標とは?

販売管理では受注
出荷、仕入れ、在庫か管理、入金確認など
製品やサービスを受注後、お客様から代金を回収するまでの
一連の流れを管理していく活動になります。

そのため、製品やサービスの受注から代金の回収までの流れで
販売分析、販売計画、販売活動、これらの管理を行い、
取引をスムーズに行えるようにすることが
販売管理の目的になります。

そして、製品やサービスを販売する、販売活動・販売業務において
収益を上げていくことが販売管理の目標ということになります。

企業が取り組んでいるビジネスの業種や事業内容によって
販売管理で利用するシステムや管理する内容が異なりますので
最適な販売管理を行うためのシステムが必要になります。

そして、販売管理の目標である「収益を上げること」を達成するためにも
販売管理のシステムや内容を改善していくことも必要になります。

具体的に販売管理で行う業務内容とは?

販売管理で行う業務の内容は
企業の業種やビジネスの内容によって異なりますが、
受注管理、発注管理(仕入管理)、入荷・出荷管理、
在庫管理、債権・債務管理などが多くの場合
共通して販売管理の業務の内容になります。

では、販売管理で具体的にどのような活動、業務を行うのか、
ひとつずつ解説していきます。

販売管理の活動・業務1:受注管理

顧客・消費者との正式な取引が始まりとなる
販売管理における一番最初の業務です。

受注のプロセスで何かしらのミスが起こってしまった場合、
後の販売管理である発注・納品などのプロセスにまで影響が出てしまいます。

そのため、受注管理が複雑になってしまうと
ミスが起こる原因になってしまいます。

それを防ぐためにも
受注管理では作業の効率化、
そしてミスが起こりにくい仕組み・システム、
これらを構築していくことが必要になります。

販売管理の活動・業務2:発注管理(仕入管理)

主に物販ビジネスにおいて重要になる販売管理のプロセスです。

製品を生産するために必要な部品や材料、
または製品そのものを発注し、仕入れる必要があります。

発注管理(仕入管理)で大切になるのは、
いつでも仕入れ先に対して発注できるシステムを用意し、
顧客・消費者からの受注を受けたら
発注・仕入れをできるようにしておくことです。

仕入れが遅れてしまうと、最終的な顧客・消費者への
製品の納品が遅れててしまいます。

顧客や消費者を待たせない、という意味で、
発注管理(仕入管理)は顧客満足度を高めるためにも
重要な販売管理のプロセスということができるでしょう。

販売管理の活動・業務3:入荷・出荷管理

発注した材料や製品を仕入れた後に行う販売管理が
入荷・出荷管理のプロセスです。

発注した通り、正しい内容・数量で納品されているか、
納品された材料や製品の品質に問題がないかを確認します。

納品された材料や製品に問題がなく、
なおかつ顧客・消費者に対して出荷できるようになったら
出荷管理を行っていきます。

受注した内容や納期を確認し、
問題・間違いがなければ製品を出荷します。

販売管理の活動・業務4:在庫管理

入荷・出荷管理と同時に在庫管理も
販売管理における重要な業務になります。

実際に材料や製品が存在する数である「実在庫」
帳簿やシステムに記録されている「理論在庫」
これらに差異がないかを確認しておくことが大切になります。

人間が扱う以上、最新の注意を払っても実在庫、理論在庫に
差異が生じてしまい、
その結果、存在しない在庫の製品を受注してしまう可能性があるからです。

定期的に実地棚卸を行うことによって
実在庫・理論在庫の差異を修正していくことが必要になります。

販売管理の活動・業務5:債権・債務管理

請求や支払い、売掛金や買掛金など、
お金の管理を行う販売管理のプロセスです。

顧客ごとに決まっている締め日に請求書を発行、
支払い条件に応じて支払期限・入金期限までに
顧客からの入金が確認できれば債権管理は完了します。

債務管理では取引先からの請求書を受領・確認し、
支払期限・入金期限や条件を確認して、
支払いを行うことになります。

未払い金、未入金を防ぐための仕組みやシステムが
債権・債務管理において重要になっていきます。

まとめ:販売管理はマーケティング効率化にも必要な業務

これらが一般的に販売管理において行われる業務です。

販売管理を行うことによって、
製品やサービスの受注から請求・支払いまでを効率化し、
結果的にマーケティング活動の効率化につながります。

そのため、製品やサービスの販売業務におけるミスを減らし、
さらに業務を効率化してマーケシング全体を効率化していくためにも
販売管理は非常に重要な業務と言うことができるのです。

以上が、マーケティングの用語、販売管理の意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

PAGE TOP