バッチ処理とは?バッチ処理の意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、バッチ処理の意味を解説していきます。

バッチ処理とは、
あらかじめ一連の手順を登録しておくことで
自動的に処理を連続で行うことのできる
処理方式のことを指すマーケティングの用語です。

自動的に、連続でデータの処理を行うことができるので、
バッチ処理では大量のデータの処理が可能となり、
一定期間ごとに大量のデータ処理を行う際に有効な処理の手法です。

そのため、定期的な集計作業、バックアップ、メンテナンスなど、
大量のデータ処理が必要となる処理作業に
バッチ処理は向いています。

バッチ処理は一定量・一定期間内のデータを一括処理する処理手法

バッチ処理のバッチ(Batch)には、
「一束、一群、一団」という意味があります。

そのため、バッチ処理には
一定量・一定期間内のデータを集め、
まとめて一括処理する処理手法の意味があります。

現在ではコンピュータはインターネットなど、
ネットワークによって繋がり、
データを共有することができていますが、
以前はネットワークでデータを共有するのではなく、
同じ端末を共有するのが当たり前とされていました。

そのため、共有されているコンピュータに業務データを
都度運ぶことによって処理するのは非効率となるので、
ある程度データが集まった段階でまとめて処理を行っていました。

これがバッチ処理のはじまりと言われていて、
そのため、バッチ処理は一括処理と呼ばれることもあります。

バッチ処理を行うことによるメリットとデメリット

それでは、バッチ処理を行うことによる
メリット、そしてデメリットを紹介していきます。

自動的に、大量にデータを処理できるバッチ処理には
大きなメリットがある一方で、デメリットも存在します。

バッチ処理のメリット

最初に、バッチ処理を行うことによるメリットです。

バッチ処理を行うメリットとしては、
人間の手による作業工数、作業時間を削減できることが
あげられます。

バッチ処理ではコンピュータ起動時の環境構築、
アプリの自動実行などの設定を一度登録さえしておけば、
プログラムを実行するだけで処理が行われるからです。

他にも、処理のしやすい時間帯を利用して、
1回で高速処理を行えるのも
自動的に処理を行うことのできるバッチ処理のメリットです。

人間の手による作業工数、作業時間を減らせるため、
コンピュータができる作業は全てコンピュータにやらせておき、
人間は取り組むべき作業や仕事、
例えばマーケティング戦略の構築などに時間を割くことができる、
これがバッチ処理の大きなメリットと言えるでしょう。

バッチ処理のデメリット

次に、バッチ処理のデメリットです。

バッチ処理のデメリットは
細かい確認をしながら処理を行う必要のある作業には
向いていないということです。

バッチ処理では大量のデータをコンピュータが自動的に処理します。

そのため、リアルタイムにその時の処理状況を確認できず、
処理の作業中に細かい確認事項が発生しても、
バッチ処理をしている間には確認することができません。

大量のデータを素早く処理するためには
バッチ処理は有効な処理の手法となりますが、
細かい確認が必要な作業、処理には向いていないのです。

バッチ処理の対義語:インタラクティブ処理・リアルタイム処理

バッチ処理の対義語として
インタラクティブ処理やリアルタイム処理があります。

バッチ処理と違い、データ処理における集計状況を
リアルタイムに反映して確認することができるメリットがあります。

しかし、バッチ処理と違い、都度計算作業を行う手法なので
インタラクティブ処理やリアルタイム処理では
ひとつひとつのデータの処理に時間がかかってしまい、
バッチ処理よりも非効率になってしまう可能性があります。

大量のデータを素早く処理する必要があるならバッチ処理を、
多少時間がかかったとしても、細かく確認しながらの
処理が必要となる場合には
インタラクティブ処理やリアルタイム処理をする必要があります。

つまり、バッチ処理とインタラクティブ処理・リアルタイム処理、
それぞれの使い分けが大切になっていくのです。

まとめ:バッチ処理

大量のデータを、自動的に、一括で処理できるのが、
バッチ処理というデータ処理の手法になります。

もちろん、バッチ処理には
メリットだけでなく、デメリットも存在します。

バッチ処理は効率的に大量のデータ処理ができる一方、
細かいデータ処理に向いていない、
リアルタイムに集計状況が確認できないなど、
デメリットもあることが分かったと思います。

バッチ処理による大量のデータ処理で
少しでも人間の手をかけないようにするのか、
インタラクティブ処理やリアルタイム処理によって
時間がかかっても細かい集計状況の
確認を行っていくべきなのか、
それぞれのメリット、デメリットを把握した上で、
データに合わせて使い分けていくことが必要になります。

以上が、マーケティングの用語、バッチ処理の意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

PAGE TOP