SEO(サーチエンジンオプティマイゼーション)とは?SEO(サーチエンジンオプティマイゼーション)の意味を丁寧に解説

Webマーケティングの用語、
SEO(サーチエンジンオプティマイゼーション)の意味を解説していきます。

SEO(サーチエンジンオプティマイゼーション)とは
Google(グーグル)やYahoo(Yahoo)など、
検索エンジンを利用した際に表示される検索結果で
自社のWebサイトが上位に表示されるようにするための
工夫や施策のことを意味するWebマーケティングの用語になります。

Google(グーグル)やYahoo(Yahoo)など
利用者数の多い大手検索エンジンで上位表示されることは
ビジネスでWebマーケティングを進める上で
ライバル・競合他社に対して非常に有利なポジションを築くことができます。

というのも、SEO(サーチエンジンオプティマイゼーション)によって、
検索結果の上位に表示されたWebサイト、Webページは
リスティング広告によって上位表示された場合よりもクリックされやすくなります。

そのため、SEO(サーチエンジンオプティマイゼーション)は
自社のWebサイトへの流入・アクセスを増やす上で非常に重要な施策なのです。

SEOという言葉は「Search Engine Optimization」の
3つの単語のそれぞれの頭文字を使った略語で、
日本語に訳した場合は、
「検索エンジン最適化」や「サーチエンジン最適化」と呼ばれます。

他にも、検索エンジンの検索結果で上位表示されるための「対策」であることから、
「SEO対策」という呼び方をする場合もあります。

どの呼び方をしたとしても、指している意味は
SEO(サーチエンジンオプティマイゼーション)と同じ意味になります。

SEO(サーチエンジンオプティマイゼーション)で重要な検索順位の仕組み「アルゴリズム」とは?

Google(グーグル)やYahoo(Yahoo)などの検索エンジンにおける
検索結果に表示される順位(検索順位)は
独自の仕組み(ルール)によって決定されます。

クローラーと呼ばれる検索エンジンロボットが
「リンク」を元にして各サイトや各ページをクロール(巡回)します。

その中でクローラーが得たWebサイトやWebページを
検索エンジンのデータベースに記録していきます。

この検索エンジンのデータベースに記録することを
「インデックス」と呼びます。

そして、インデックスされたWebサイトやWebページの中から
アルゴリズムと呼ばれるそれぞれの検索エンジンの独自ルールによって順位が決定します。

アルゴリズムは200を超える評価指標があり、
その評価指標によって構成されている検索エンジン独自のルールです。

2種類のSEO(サーチエンジンオプティマイゼーション)内部SEOと外部SEO

SEO(サーチエンジンオプティマイゼーション)には2つの種類があります。

自社サイトにSEO(サーチエンジンオプティマイゼーション)を施す内部SEOと、
他のサイトからの影響によって決まる外部SEOの2種類です。

では、2種類のSEO(サーチエンジンオプティマイゼーション)、
内部SEOと外部SEOについて詳しく解説していきます。

SEO(サーチエンジンオプティマイゼーション)の内部SEOとは?

最初に、自社のWebサイトに
SEO(サーチエンジンオプティマイゼーション)を施す内部SEOです。

自社サイトのHTMLやCSSなどのプログラムに
適切なコーディングやタグの使い方をすること、
また、ページ同士のリンクのつなぎ方が適切であること、
他にも、記事の書き方、ライティングなど、
内部SEOにはさまざまな要素があります。

しかし、最も重視されていて、基本的なポイントとなるのは、
検索・閲覧するユーザーに対して
有用な、有益なWebサイトであるかということです。

ユーザーにとって有益なWebサイトを目指すのが
内部SEOのポイントとなるのです。

SEO(サーチエンジンオプティマイゼーション)の外部SEOとは?

次に、他のWebサイトからの影響によって評価が決まる外部SEOです。

簡単に言えば、外部SEOにおける
SEO(サーチエンジンオプティマイゼーション)は、
人気投票のやり方に近い評価の方法になります。

つまり、他のWebサイトで自社のWebサイトが紹介される、
リンクがあることが重要になってきます。

そして、紹介元、リンク元のWebサイトと自社サイトに高い関連性があるほど
SEO(サーチエンジンオプティマイゼーション)の評価が高くなり、
検索エンジンの検索結果で上位表示されると言われています。

そのため、他のWebサイトで紹介されるためにも、
キャンペーンを行ったり、有益なコンテンツを継続的に作成していくことが
外部SEOでは必要になります。

検索エンジンのアルゴリズムの変化に合わせたSEO(サーチエンジンオプティマイゼーション)が必要

Google(グーグル)やYahoo(Yahoo)など、
検索エンジンのアルゴリズムは定期的にアップデートされ、変化します。

そのため、
SEO(サーチエンジンオプティマイゼーション)には
日々の情報収集や定期的なアップデートなど、
アルゴリズムの変化への対応が求められるのです。

以上が、Webマーケティングの用語、SEO(サーチエンジンオプティマイゼーション)の意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP