競合分析とは?競合分析の手法やフレームワークを解説

マーケティングの用語、競合分析とは何か、
そして競合分析はどのような手法・フレームワークで行うのか、
解説をしていきます。

競合分析は自社と競合する企業や製品・サービスについて
様々な視点から分析を行うことです。

自社ビジネスの戦略策定を行う場合には
競合分析を行い、競合する企業の状況を知り、
その上で戦略策定を行っていく必要があります。

では、競合分析とは何か、また、どのような手法・フレームワークを使うのか
詳しく解説を行っていきます。

競合分析は自社戦略の策定のために行う分析のこと

自社ビジネスにおいて、販売戦略を立てる場合には、
自社がどのような状況に置かれているのかを
把握した上で戦略を建てていく必要があります。

その際に利用されるのが競合分析です。

競合分析は自社の置かれている状況を知るために、
競合する他社、その製品やサービスを様々な観点から分析し、
自社の戦略策定に役立てていくマーケティング戦略です。

基本的な競合分析の手法・フレームワークには
3C分析やマクロ環境分析などが挙げられます。

競合分析で分析を行う場合の具体的な分析項目としては
「競合は誰なのか」「競合の技術やノウハウ・スキル」
「競合の財務状況」「市場におけるシェア」「製品ラインナップ」
「製品の内容や価格、販売チャネル」
これらが競合分析の主な分析項目となります。

それに加え、現在では人材を含め競争優位性を築く上で重要な
企業の経営資源であるという認識があるため、
人材や企業文化の分析も競合分析の項目として
含めることも増えてきています。

競合分析の手法・フレームワーク5つのステップ

今回はWebマーケティングにおける競合分析の
手法・フレームワークを紹介していきます。

効果的な戦略策定を行い、
企業の利益を高めていくための競合分析を行うためには
以下の5つのステップをフレームワークとしていく必要があります。

競合分析の手法・フレームワーク1:現状の把握

SimilarWeb PROなどのツールを利用することによって
競合するWebサイトの現状を把握していきます。

競合サイトのPV数やUU数、セッション数をはじめ、
アクセスの流入元など、

どのようにしてアクセスを集めているのかを把握していきます。

競合分析の手法・フレームワーク2:ベンチマーク

競合の分析が完了したら、
その中からベンチマークとして設定する企業を決めます。

ベンチマークとは
その企業に絞って調査を進めていくという
競合の中でも代表的な特性を持つ企業になります。

競合する全企業に対して調査を進めていく場合には
膨大な時間とコストをかけてしまうことになります。

そのため、ベンチマークとなる企業を定め、
ベンチマークの調査を集中的に行っていくのが効果的になります。

競合分析の手法・フレームワーク3:バリューチェーン分析

競合のビジネス、企業活動を
メインとなる主活動、それを支える支援活動に分類し、
付加価値を生み出す工程がどこにあるのかを分析するのが
バリューチェーン分析です。

競合の活動を細分化して分析することで、
どこが競争優位性に立つための強みになっているのかを分析し、
戦略策定をする際に大きな武器になります。

競合分析の手法・フレームワーク4:SWOT分析

ベンチマークとなる競合を

強み(Strengths)、弱み(Weaknesses)、
機会(Opportunities)、脅威(Threats)、

これら4つの視点で分析していきます。

自社の立ち位置、また、競合する企業の競争優位はどこにあるのか、など、
ここまでの分析で競合分析に必要なことが分かってくるはずです。

競合分析の手法・フレームワーク5:戦略の策定と実施

ステップ1〜4までの分析によって
戦略策定に必要な情報は集まったはずなので、
実際に自社の戦略策定を行っていきます。

大切なことは、目標を明確に設定すること、
戦略を実施する際には評価を行いながら
定期的に定点観測を行うことです。

目標が明確に定まらなければ戦略は構築できませんし、
実際に戦略を試して評価しなければ
うまくいっているのかどうかは判断できません。

ステップ1〜4で分析してきた競合の情報を元に
しっかりと自社の戦略を構築していきます。

まとめ:競合分析

ビジネスやマーケティングにおける戦略策定をする際には
必ず競合分析を行い
自社の置かれている状況を知ることが必要になります。

現状を把握せずに戦略策定を行おうとしても
うまくいかず、ビジネスを発展させることができなくなるからです。

そのためにも、しっかりと競合分析を行い、
現状を把握しておく必要性があるのです。

競合分析の手法としては
今回紹介した6つのステップ、

また、フレームワークとして
3C分析やSWOT分析などがあります。

これらの手法・フレームワークを用いて、
競合分析を行い、
ビジネスやマーケティングにおける
効果的な戦略策定を行っていきましょう。

以上が、マーケティングの用語、競合分析の手法・フレームワークの例です。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP