メールマーケティングとは?メールマーケティングの意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、メールマーケティングの意味を解説していきます。

メールマーケティングとはEメールを利用した
マーケティング活動全般を指すマーケティングの用語です。

ユーザーに対してメールを使って情報提供を行い、
製品やサービスの購入につなげたり、
また、顧客との関係性を深めることが目的となるマーケティングです。

メールマーケティングは能動的なコミュニケーションが可能なマーケティング手法

メールマーケティングの大きな特徴として、
顧客やユーザーとのコミュニケーションを
能動的に図れることがあります。

たとえば、メールマガジンに登録した見込み客に対して
継続的に自社の製品やサービスに関する情報を発信することも
メールマーケティングの1つとなります。

他にも、実際に自社の製品やサービスを購入した顧客に対して
フォローアップのためのメールを送ることもできます。

つまり、メールマーケティングでは
顧客・見込み客からの連絡を待つのではなく、
企業から積極的にコミュニケーションを図ることができる
効果的なマーケティングの手法であると言えます。

効果的なメールマーケティングを行うための手法

メールマーケティングは企業から積極的に顧客・見込み客に対して
情報を発信できるプッシュ型のマーケティングであることから
効果的なマーケティング手法の1つだと考えられています。

そんなメールマーケティングをさらに効果的にするための
2つの方法・テクニックがあります。

ここで、メールマーケティングをさらに効果的な
マーケティングにしていくための方法・テクニックを紹介します。

パーソナライズされたメールマーケティングを行う

最初に、それぞれの顧客に対して
パーソナライズされたメールを送る手法です。

全ての顧客に対して同じメールマガジンを配信するのではなく、
セグメンテーション、つまり属性などで顧客を分類することによって
それぞれの顧客に対してパーソナライズされた、
個別の情報を配信することによって寄効果的なコミュニケーションが図れます。

このようなパーソナライズされたメールマーケティングは
顧客満足、ロイヤリティを向上させることができるマーケティングの手法です。

メールマーケティングにおけるメール作成テクニックを向上させる

メールマーケティングにおいては
メールを作成するテクニックも非常に重要になってきます。

メール本文の文章のクオリティによって
開封率やクリック率、他にも精読率など、
メールマーケティングにおいて重要な指標にも影響します。

そのためにも、まずはメール本文を思わず開きたくなるような件名など、
単純な本文の内容以外にも力を入れる必要があります。

他にも、メールの作成テクニックとして
機種依存文字や特殊文字・特殊記号にも注意が必要です。

顧客・見込み客がメールを読むために使っている端末や環境が
企業側と同じという可能性は極めて低くなりますので、
どんな環境でも同じように表示できる共通の文字を使って
メールの本文を書いていく必要があります。

メールマーケティングの具体的な手法

では、次にメールマーケティングの具体的な手法を紹介していきます。

代表的なメールマーケティング:メルマガ

代表的なメールマーケティングの手法に
メルマガ(メールマガジン)があります。

メールアドレスを登録した顧客・見込み客に対して
一斉に情報を発信するメールマーケティングです。

マーケティングで製品やサービスの購買につなげたい場合には
基本的に無料でのメルマガ配信を行います。

製品情報やサービス情報を配信して販促を行ったり、
有益な情報やコンテンツを配信することによって
顧客との信頼関係、ロイヤリティを築いていきます。

メルマガ以外のメールマーケティング

メールマーケティングといえばメルマガが有名ですが、
他にもメールマーケティングの手法は存在します。

たとえば、製品やサービスを購入した顧客に対して
購入後に行うアンケート調査があります。

実際に製品を使ったり、サービスを体験したユーザーからの
感想などを取り入れることによって
製品やサービスを改善したりして顧客満足度の向上につなげます。

結果的に、顧客が他の企業の製品やサービスに乗り換えること、
スイッチすることを防ぐことにつながります。

まとめ:メールマーケティング

メールマーケティングといえばメルマガと考えられますが、
実はEメールを利用したマーケティング全般が
メールマーケティングということになります。

つまり、一斉配信のメルマガだけではなく、
個別に来たお問い合わせのメールなどへの対応、
製品やサービス購入後のフォローアップメール、
メールを使ったアンケート調査、
これら全てがメールマーケティングということになるのです。

メールマーケティングは顧客満足度やロイヤリティの向上、
また、効率的なマーケティングを行えることから
効果的なマーケティング手法ということができます。

まだメールマーケティングを行っていない場合は
すぐにでも取り入れることによって
効率的・効果的なマーケティングを行っていくべきでしょう。

以上が、マーケティングの用語、メールマーケティングの意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP