BtoBtoCとは?BtoBtoC(B2B2C)の意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、BtoBtoC(B2B2C)の意味を解説していきます。

BtoBtoCとはBtoCビジネスを行う企業を
支援する企業活動、ビジネス形態を指すマーケティングの用語です。

BtoBtoCとはどのような形態のビジネスなのか、
業種など、具体例を交えながら、
BtoBtoCとは何か、BtoBtoCの意味を解説していきます。

BtoBtoC(B2B2C)ビジネスとは?

BtoBtoCとは「Business to Business to Consumer」を省略した言葉で
BtoCビジネスを行う企業を支援、手助けするビジネスのことです。

つまり、企業が個人の消費者を相手にして商売・ビジネスをする
手助けを行う商売・ビジネスのことをBtoBtoCと呼びます。

一般的には問屋業、ECサイトを制作する業者は
BtoBtoCビジネスだと呼ばれています。

問屋業の場合には、流通の仲介をすることで
メーカーが一般消費者に商品を届けるための
手助けをしているビジネスということになります。

ECサイトを制作する場合も、
BtoCビジネスを展開していて、
Webサイトを使うことで消費者への販路を拡大したいという
企業に対しての支援、手助けをすることになります。

このように、直接消費者に対して商売をするのではなく、
消費者に対して商売をしている企業を手伝うビジネスが
BtoBtoCのビジネスということになるのです。

具体的なBtoBtoC(B2B2C)の業種

では、BtoBtoCにはどのような業種があるのか紹介します。

たとえば、洋服などを作るアパレルメーカーに
素材を下ろす素材メーカーがあります。

従来はアパレルメーカーが製品の生産に必要な素材を
素材メーカーに発注するのが一般的な方式でしたが、
現在では素材メーカーが積極的に消費者ニーズをリサーチし、
アパレルメーカーに対して素材の提案をしています。

「この素材を使えば、今の消費者が望んでいる洋服を作ることができので、
結果的に御社の売上に貢献することができるはずです。」

など、BtoCビジネスを行っているアパレルメーカーに
積極的に支援ができるように提案を行っていくのです。

この素材メーカーとアパレルメーカー、消費者の関係性が
BtoBtoCの形になるのです。

B(素材メーカー)→B(アパレルメーカー)→C(一般の消費者)

この具体例のBtoBtoCは上記のような関係性で表すことができるのです。

現在では最終購買者(エンドユーザー)である一般消費者のニーズをリサーチし
自社の製品やサービスを活かすことできるBtoC企業に対して提案を行う、
BtoBtoCの企業が増えてきています。

BtoBtoC(B2B2C)を行う具体的な企業:メトロ(METRO)

BtoBtoCのビジネスを展開する企業に
メトロ(METRO)という食品の会員制卸売店があります。

メトロ(METRO)の営業方法の大きな特徴は、
飲食店などに食品やワインを下ろすだけでなく、
経営のサポートを行ったり、
メニューの相談・提案を行うことがあります。

これは、メトロ(METRO)がただ単にボランティアやサービスでやっているのではなく、
メトロ(METRO)の売上につながるから行っているのです。

メトロ(METRO)が食材やワインを卸すのは飲食店ですが、
最終的に購入するのはその飲食店のお客さん・一般消費者ということになります。

つまり、飲食店の売り上げを伸ばすことができれば、
結果的にメトロ(METRO)の売上にもつながるという
BtoBtoC(B2B2C)の流れになっているのです。

メトロ(METRO)の営業は飲食店のためになっているように感じますが、
実際には自社の売り上げにつながるBtoBtoCビジネスなのです。

まとめ:ほとんどのビジネスは実はBtoBtoCで成り立っている

BtoCと呼ばれるビジネスは数多く存在し、
一般消費者向けの製品を作ったり、サービスを提供するメーカーや企業が
BtoCビジネスだと呼ばれます。

しかし、実際にはBtoCビジネスと呼ばれるビジネスのほとんどは
BtoBtoCビジネスなのです。

お菓子を製造するメーカーは消費者向けに
製品を製造しているのでBtoCと呼ばれますが、
実際にはお客さんの元に製品が届くまでに
流通業者や小売店が必要になりますので、
BtoBtoCビジネスなのです。

他にも先述したメトロ(METRO)のように飲食店に
食材や飲料を卸すメーカーは
BtoBビジネスだと呼ばれますが、
結果的に消費者が料理やワインを注文しないと売れませんので
BtoBtoCビジネスということになります。

自社のビジネスをBtoBと考えている企業は多くありますが、
実際にはその先の一般消費者が製品やサービスを購入しないと
売上・利益にならないBtoBtoCであることが多いです。

自社のビジネスを見直し、BtoBtoCに該当するのなら、
直接の取引先・顧客だけでなく、
一般消費者のニーズも探っていく必要性があるのです。

以上が、マーケティングの用語、BtoBtoC(B2B2C)の意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP