ERPとは?ERP/ERPパッケージの意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、ERPの意味を解説していきます。

ERPとは仕入れから販売までのプロセスにおいて
一貫した情報管理、資源管理を
行うためのソリューション・プロセスです。

企業が持つ経営資源を総合的に管理し、
効率化していく手法や概念、また、
そのためのシステムのことを指してERPと呼びます。

ERPを導入することによって情報管理が効率化し、
経営戦略を迅速に構築したり、
業務の効率化につながると言われています。

今回はERPとはどんな意味の言葉か、
ERPを企業が導入することで
どんなメリットがあるのかを解説していきます。

ERPは日本語にした場合「統合基幹業務システム」と呼ばれる言葉

ERPとはEnterprise Resource Planningの
それぞれの単語の頭文字を使って省略した言葉で、
日本とに直訳した場合には「経営資産計画」という意味になります。

ただし、「経営資産計画」はあくまで直訳した言葉なので、
日本でERPを表す言葉は一般的には
「統合基幹業務システム」となります。

企業が持つ経営の基本となる資源、
具体的には、人材、物資、資金、情報などを
適切に企業内で分配して有効活用するための手法や概念です。

ERPパッケージとは?

ちなみに、企業の経営資源を管理するための手法や概念がERPと解説しましたが、
そのためのシステムのことをERPと呼ぶこともあります。

しかし、多くの場合、システムとしてERPを指す場合には
ERPパッケージという言葉を使うことが多くなります。

ERPパッケージが持つシステムとしては
以下のような業務に関するシステムが存在します。

「財務会計管理」「予算管理」「財務会計管理」「予算管理」
「販売管理(受注・請求)」「購買管理」「顧客管理」「営業支援管理」
「倉庫・在庫管理」「プロジェクト管理」「人材管理」
「マーケティング管理」「Eコマース」「ビジネスインテリジェンス(BI)」

全てのERPパッケージがこれらのシステム・機能を持っているわけではありませんが、
ERPパッケージによって企業経営、資産管理に必要な
ほとんどのシステムが揃っていることが分かります。

では、次にERPを導入することによって
企業にどのようなメリットがあるのかを解説します。

ERPによるメリットは大きく3つだと考えることができます。

ERP・ERPパッケージを導入する5つのメリットとは?

ERPを導入するメリット1:データベースを統合できる

従来のデータ管理では部門ごとにデータを管理していたため、
複数の部門で同時に業務を行う場合、
データが分断されていたために効率的な業務を行えませんでした。

しかし、ERPを導入することによって
データが一元管理され、
業務の効率化につながっていきます。

たとえば、商品出荷を行えば、
販売、在庫、会計など、複数の部門に関わる情報が更新されます。

その際もERPを導入しておくことによって
一度にまとめて全ての部門で情報が更新されます。

他にも、業務フローの一元管理など、
データベースを統合することで
企業の業務は大きく改善されていきます。

ERPを導入するメリット2:リアルタイムで情報を管理できる

ITの発展により、現在のビジネスでは
タイムリーな情報、最新の情報が重要視されます。

ERPを導入することによって
企業全体の情報を一元管理することができ、
リアルタイムな情報を共有することができます。

売上や原価、在庫など、
経営に欠かすことのできない情報もERPで管理することができます。

さらに、時系列や製品別、営業所別など、
さまざまなセグメント・視点でデータの分析ができるようになり、
経営分析などにおいても高い効果が期待できます。

ERPを導入するメリット3:ERPパッケージのメリット

ERPパッケージでシステムを導入することによって
自社で基幹業務システムを構築する必要がなくなります。

ゼロから業務システムを構築する場合、
設計や構築の過程で膨大な費用や時間が費やされるので、
ERPパッケージを導入することによって
大幅なコスト削減につながるのです。

専門の技術者やノウハウを抱えていない場合、
ERPパッケージを利用してシステムを導入した方が
コストを削減できる場合も多く存在します。

また、システムを運用するなら「安定的な稼働」が
絶対的な条件になります。

その点においても、ERPパッケージなら
システム開発・運用において高いノウハウを持った業者が開発した
ERPパッケージを導入することになるので
安定したシステム運用を実現することができます。

まとめ:ERP

現在ではERPやERPパッケージは
企業の規模を問わず、導入が求められるソリューションです。

世界的にも導入が進んでいるソリューションであり、
企業経営の効率化などを考えた場合には
必ず必要となるソリューションです。

中小企業だとしても、複数の部署を抱えていたり、
社員数が増えてきたという場合には
ERP、ERPパッケージの導入を考えていく必要があります。

以上が、マーケティングの用語、ERPの意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP