ティーザー広告とは?ティーザー広告(ティザー広告)の意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、
ティーザー広告(ティザー広告)の意味を解説していきます。

ティーザー広告(ティザー広告)とは
製品やサービスを宣伝・広告する際に、
大々的に全ての情報を明かすのではなく、
断片的な一部の情報だけを公開する
プロモーションの手法です。

全ての情報を出さずに、断片的な情報だけを公開することで
ティーザー広告(ティザー広告)では消費者の興味を引き、
効果的なマーケティングを行うことができます。

そのため、ティーザー広告(ティザー広告)は
覆面広告とも呼ばれることのある広告の手法です。

ティーザー広告(ティザー広告)の由来は「じらす」広告から来ている

ティーザー広告(ティザー広告)のティーザーは
英語の表記にすると、「Teaser」となり、
ティーザー広告(ティザー広告)は英語の「Tease(じらす)」という意味の
単語が語源、由来となっています。

そのため、広告を見た消費者を「じらす」ために
情報を小出しにするのがティーザー広告(ティザー広告)です。

情報を断片的に小出しにし、
消費者の興味や好奇心を集めて、
期待を膨らませていくことが
ティーザー広告(ティザー広告)の目的になります。

ティーザー広告(ティザー広告)を目的としたWebサイト:ティーザーサイト

ティーザー広告(ティザー広告)は
Webサイトを利用したWebマーケティングで
利用する場合もあります。

この場合、ティーザー広告(ティザー広告)を行うための
製品やサービスを宣伝・広告するための
Webサイトが必要になってきます。

そのようなプロモーション用のWebサイトのことを
ティーザーサイトと呼び、
そのサイト上でティーザー広告(ティザー広告)を行っていきます。

ティーザー広告(ティザー広告)は本来の広告の形から外れている

本来、商業広告は、製品やサービスについて
消費者・顧客が購入や利用をしてくれるように
販促をするのが目的になります。

そのため、本来の商業用広告の形としては
製品やサービスの名称、価格、効果・効能など、
特徴からベネフィットまでを消費者・顧客が分かるように
詳細に、明確に説明することになります。

しかし、ティーザー広告(ティザー広告)は
製品やサービスに関する一部の情報だけを
断片的に出す形式の宣伝・広告の手法になります。

そのため、本来の商業広告の形から
ティーザー広告(ティザー広告)は外れていることになります。

ティーザー広告(ティザー広告)では消費者の興味を喚起させる

しかし、ティーザー広告(ティザー広告)は意図的に
本来の広告の形から外れることによって
消費者・顧客の中に興味を喚起させることができます。

本来なら広告に明記されていなければならない情報が
ティーザー広告(ティザー広告)では意図的に隠されるので、
消費者・顧客の中に謎が生まれ、
それが結果的に興味を喚起させることにつながるのです。

ティーザー広告(ティザー広告)は競合の似たような製品やサービスがある場合にも有効

自社の製品やサービスと似たような内容のものを
競合でも売っている場合には、
内容が似ているために宣伝・広告も似てきてしまい、
同じようなプロモーションになりがちになってしまいます。

そのため、ティーザー広告(ティザー広告)を使わない
一般的な広告の手法では
消費者・顧客の目を引くことが難しくなってしまいます。

しかし、ティーザー広告(ティザー広告)では
どのような製品かまでは分からない
宣伝・広告の手法となっているために、
消費者や顧客の目を引きやすくなります。

そのため、競合が似たような製品やサービスを出している場合にも
ティーザー広告(ティザー広告)を使うことは
消費者の興味を引くために有効な手法となるのです。

ティーザー広告(ティザー広告)は国内外多くの企業で採用されている

ティーザー広告(ティザー広告)は実際に
国内外多くの企業で採用されている
プロモーションの手法です。

国内の企業なら飲料大手のサントリーが
ティーザー広告(ティザー広告)を利用し、
また、海外の企業では
iPhoneやMacで世界的にも知名度の高い
Apple社がティーザー広告(ティザー広告)を
プロモーションで利用しています。

大手企業が利用しているという事実からも
ティーザー広告(ティザー広告)は非常に有効な
プロモーションの手段であると言うことができるのです。

まとめ:ティーザー広告(ティザー広告)

ティーザー広告(ティザー広告)は
隠されればよけいに見たくなる
人間の本能を利用したマーケティングの手法です。

そのため、非常に有効な
プロモーションを仕掛けることができます。

しかし、その一方で、
ティーザー広告(ティザー広告)でどのくらい情報を公開するのか、
どのタイミングで情報を公開していくのかなど、
タイミングなどを誤ってしまうと
プロモーションが失敗してしまう可能性もある手法です。

そのため、従来の広告を使うのか、
ティーザー広告(ティザー広告)によるプロモーションを仕掛けるのか、
しっかりと見極めて使っていく必要のある広告の手法になります。

以上が、マーケティングの用語、ティーザー広告(ティザー広告)の意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

PAGE TOP