SaaSとは?SaaS(ソフトウェアアズアサービス)の意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、SaaS(ソフトウェアアズアサービス)の意味を解説していきます。

SaaS(ソフトウェアアズアサービス)とは
インターネット・ネットワークを通じてアプリケーションの機能を
必要な分だけ提供する仕組みのことをいいます。

または、インターネットやネットワークにアクセスして
ソフトウェアとして利用したい機能だけを
部分的に利用できるサービスを指して
SaaS(ソフトウェアアズアサービス)ともいいます。

SaaS(ソフトウェアアズアサービス)は
Software as a Serviceのそれぞれの単語の頭文字を取って
省略して付けられた名称です。

「オンデマンド」「ASP」「ネットワークコンピューティング」などは
基本的にはこのSaaS(ソフトウェアアズアサービス)と
同じ意味で利用されることが多い言葉です。

特に「ASP」においては
ほとんどSaaS(ソフトウェアアズアサービス)と
同じ意味の言葉として使われています。

SaaS(ソフトウェアアズアサービス)はインターネット上でソフトウェアを利用する

一般的にパソコンなどでアプリケーション・ソフトウェアを利用する場合、
1度パソコンにアプリケーション・ソフトウェアを
ダウンロード・インストールしてから利用します。

しかし、SaaS(ソフトウェアアズアサービス)は
Software as a Serviceのそれぞれの場合、
Webブラウザを利用して、アプリケーションやソフトウェアがある
サーバーにアクセスして利用することになります。

そのため、SaaS(ソフトウェアアズアサービス)は
インターネットを利用してアプリケーションやソフトウェアを
レンタルするサービス、
またはそのサービスを提供している業者のことを指します。

SaaS(ソフトウェアアズアサービス)の具体例:Google

SaaS(ソフトウェアアズアサービス)の具体的な例として、
私たちが日常的に利用しているインターネットのサービスがあります。

Googleが提供している「Google検索」「Gmail(ジーメール)」
などのサービスがSaaS(ソフトウェアアズアサービス)にあたります。

「Google検索」「Gmail(ジーメール)」の場合、
パソコンで利用する場合には基本的にInternet ExplorerやSafari、
Google ChromeなどのWebブラウザを開いて利用しますよね。

「Google検索」「Gmail(ジーメール)」のように、
SaaS(ソフトウェアアズアサービス)では
ユーザーのパソコンではなく、
プロバイダ側でアプリケーション・ソフトウェアを稼働させて
ユーザーはその機能をインターネットなどネットワークを通じて
利用することになるのです。

SaaS(ソフトウェアアズアサービス)のメリットとデメリット

では、SaaS(ソフトウェアアズアサービス)を利用する場合、
ユーザーにはどのようなメリットがあるのでしょうか?

ここで、SaaS(ソフトウェアアズアサービス)を利用する
メリットとデメリットをまとめていきます。

SaaS(ソフトウェアアズアサービス)を利用するメリット

最初にSaaS(ソフトウェアアズアサービス)を利用するメリットです。

SaaS(ソフトウェアアズアサービス)を利用することの一番のメリットとして
アプリケーション・ソフトウェアにおける最低限必要な機能だけを
選択して使えることです。

他にも、SaaS(ソフトウェアアズアサービス)なら
すでにサーバー上にアプリケーション・ソフトウェアがあるので
申し込んでから即日、すぐに使えるというメリットもあります。

SaaS(ソフトウェアアズアサービス)を利用するデメリット

SaaS(ソフトウェアアズアサービス)を利用するメリットもありますが、
もちろんデメリットも存在します。

たとえば、SaaS(ソフトウェアアズアサービス)のデメリットとして
セキュリティーの面での不安があります。

アプリケーション・ソフトウェアで扱うファイルは
パソコン本体ではなく、サーバー上にあるので、
たとえ機密性の高いファイルでも
ネットワークを通じてサーバーとのやり取りが必要になるのです。

他にも、サーバーを管理するプロバイダ側でエラーや不具合があった場合、
パソコンやWebブラウザは正常に使えたとしても
SaaS(ソフトウェアアズアサービス)を利用できなくなってしまいます。

まとめ:SaaS(ソフトウェアアズアサービス)

SaaS(ソフトウェアアズアサービス)にはメリットもデメリットも存在します。

SaaS(ソフトウェアアズアサービス)を
一方的に良い・悪いと決めるのではなく、
使い方、環境に合わせて導入していくことが
大切になっていくでしょう。

今後もSaaS(ソフトウェアアズアサービス)は
拡大していくと考えられるので、
SaaS(ソフトウェアアズアサービス)のメリット・デメリットを
しっかりと押さえていくことが必要になるはずです。

以上が、マーケティングの用語、
SaaS(ソフトウェアアズアサービス)の意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

PAGE TOP