STPとは?STP戦略(STPマーケティング)の意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、STPの意味を解説していきます。

STPとは、フィリップ・コトラー博士が提唱した
マーケティングにおける基本的なフレームワークで、
STP戦略やSTPマーケティングと呼ばれています。

最初に市場を細分化(セグメンテーション)し、
次にその中からターゲットとなるセグメントを決定(ターゲティング)、
そしてターゲットセグメントに対して
自社製品やサービスのベネフィットを伝えていくのが、
STP戦略(STPマーケティング)です。

セグメンテーション(Segmentation)

ターゲティング(Targeting)

ポジショニング(Positioning)

これらの頭文字を取って
STP戦略(STPマーケティング)と呼ばれています。

STP戦略(STPマーケティング)は
マーケティングの基本中の基本と呼ばれている戦略です。

また、このSTP戦略(STPマーケティング)を提唱したことが
フィリップ・コトラー博士の偉大な功績として知られています。

STP戦略(STPマーケティング)は市場を効果的に開拓するためのマーケティング

フィリップ・コトラー博士はSTP戦略(STPマーケティング)を
「効果的に市場を開拓するためのマーケティング手法」としています。

企業がマーケティングを行う際に、
自社が、だれに、どのような価値を提供するのか、
これを明確にしていくのがSTP戦略(STPマーケティング)です。

マーケティングはさまざまな要素が複雑に混ざり合いますが、
自社と市場(マーケット)の関係を明確にするという目的で
STP戦略(STPマーケティング)を使うのは有効な方法です。

STP戦略(STPマーケティング)の3つのプロセス

STP戦略(STPマーケティング)では

セグメンテーション(Segmentation)

ターゲティング(Targeting)

ポジショニング(Positioning)

これらの3つのプロセスによって
マーケティングの戦略を構築していきます。

では、セグメンテーション(Segmentation)、
ターゲティング(Targeting)、ポジショニング(Positioning)、
それぞれのプロセスについて詳しく解説していきます。

STP戦略(STPマーケティング)のプロセス:セグメンテーション(Segmentation)

最初に、マーケティングの対象を絞り込むための準備として
STP戦略(STPマーケティング)ではセグメンテーション(Segmentation)を行います。

市場全体を対象とするのではなく、
自社の製品やサービスを購買する可能性の高い層に
マーケティングをしていくことが必要になります。

セグメンテーション(Segmentation)では
人口動態変数、地理的変数、心理的変数、行動変数、
これら4つの変数を使って
セグメンテーション(Segmentation)を行います。

これらの変数によって市場全体を
グループ分けしていくことが
STP戦略(STPマーケティング)におけるセグメンテーション(Segmentation)です。

STP戦略(STPマーケティング)のプロセス:ターゲティング(Targeting)

セグメンテーション(Segmentation)によって
市場のグループ分けができたら、
次にdのグループ(セグメント)をターゲットにしていくのかを決める
ターゲティング(Targeting)を行っていきます。

自社の強みを活かせることや
ブルーオーシャン、いわゆる競合がいないセグメントなど、
自社製品やサービスの販売に有利になる
セグメントを選ぶことが
ターゲティング(Targeting)では重要になってきます。

また、ターゲットとするセグメントが大き過ぎても小さすぎても良くないので
セグメントの規模についてもしっかりと検討していく必要があります。

これがSTP戦略(STPマーケティング)における
ターゲティング(Targeting)です。

STP戦略(STPマーケティング)のプロセス:ポジショニング(Positioning)

最後にポジショニング(Positioning)を行います。

ターゲットとなる消費者から見た場合に
自社はどのような優位点を持つのか、どのようなベネフィットを提供するのか、
それを考えていくのがSTP戦略(STPマーケティング)の
ポジショニング(Positioning)になります。

市場全体ではなく、ターゲットとなるセグメントにとって
自社はどのようなポジショニング(Positioning)をしていくのか
それを考えていくのが非常に重要になります。

まとめ:STP戦略(STPマーケティング)

STP戦略(STPマーケティング)はマーケティングの
基本となる戦略、フレームワークです。

マーケティングの戦略を考える際には
必ずSTP戦略(STPマーケティング)を押さえておく必要があるのです。

以上が、マーケティングの用語、STP戦略(STPマーケティング)の意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

PAGE TOP