ECとは?EC(Eコマース)の意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、EC(Eコマース)の意味を解説していきます。

EC(Eコマース)とは「電子商取引」を意味していて
インターネットなどのネットワーク上での商取引を行うことを指します。

本来は「Electronic Commerce(エレクトロニックコマース)」という言葉ですが、
省略されて、「Eコマース(イーコマース)」「EC」が一般的に使われています。

広義にはインターネット上で物を売ったり買ったりすること全般を意味しますが、
代金の決済までをインターネットで行う取引のことを
EC(Eコマース)と呼ぶ場合もあります。

EC(Eコマース)は簡単に言えばインターネットショッピングやネット通販

EC(Eコマース)というと難しい用語をイメージしてしまいますが、
簡単に言えば私たちが普段から利用している
「インターネットショッピング」や「ネット通販」のことです。

Amazon(アマゾン)や楽天などのショッピングサイト、
他にもYahoo!オークション(ヤフオク)などのネットオークション、
これらを使って買い物をしたり、商品を売ることが
EC(Eコマース)ということになるのです。

EC(Eコマース)やネットショッピング、ネット通販など、
様々な表現が存在しますが、
日本語としての正式な言葉としては「電子商取引」が適切になります。

ただし、マーケティングやIT業界でも
EC(Eコマース)という言葉は多用されているため、
EC(Eコマース)も電子商取引も同じ意味だと考えて問題ありません。

EC(Eコマース)は大きく3種類に分けることができる

EC(Eコマース)は大きく3種類に分かれます。

1つ目が企業同士の取引「B to B」

2つ目が企業と消費者の取引「B to C」

3つ目が消費者と消費者の取引「C to C」

それぞれのEC(Eコマース)を具体例を交えながら紹介していきます。

企業同士のEC(Eコマース):B to B

一般消費者ではなく、企業向けに開発した製品やサービスを
インターネットを使って販売・取引を行います。

具体的には、企業向けの製品を専門に扱っている
ネットショッピングのことを指しています。

中国のアリババやアメリカのAmazonビジネスなどがあります。

日本でもオフィス用品などを扱っている
法人専用のネットショッピング、アスクル(ASKUL)があります。

企業対消費者のEC(Eコマース):B to C

最も一般的でイメージしやすいEC(Eコマース)が
企業から個人の消費者に向けて製品やサービスを販売する
B to CのEC(Eコマース)です。

私たちが「ネットショッピング」などという言葉を聞き
イメージするWebサイトがこのB to CのEC(Eコマース)です。

Amazon(アマゾン)や楽天、Yahoo!ショッピング、
他にもオムニセブンなど、様々な通販サイトがここに該当します。

消費者同士のEC(Eコマース):C to C

消費者同士がインターネットを使って
商品を売り買いする取引を行う場合もEC(Eコマース)の一種であり、
その場合の取引はC to Cと呼ばれます。

具体的には「ネットーオクション」や「フリマアプリ」などが
このC to Cの取引に該当して、
「Yahoo!オークション(ヤフオク)」「mercari(メルカリ)」などが
一般的に使われることの多いC to Cの取引になります。

EC(Eコマース)は1990年代後半から急速に発展している

EC(Eコマース)は1990年代までは
ほとんど利用されてなく、
ここ10年、20年で急速に発展したビジネスです。

日本では1997年に楽天がサービスを開始して、
その後インターネットが急速に発展、
一般消費者や小さな企業でも簡単に利用できるようになりました。

インターネットやWebメディアの発展に合わせて
EC(Eコマース)も認知され、普及していき、
楽天で言うなら課員数が1億人を突破して
日本人の1.2人に1人、つまりほぼ全員が利用していることになります。

他にも、EC(Eコマース)が普及した理由として、
実店舗を構える必要がなく、維持や経営にかかるコストが
少なくて済むというメリットもあります。

製品開発のための店舗だけを持ち、
販売は全て楽天をはじめとしたEC(Eコマース)で行うケースもあります。

スマートフォンなどでインターネットが身近になったことから
今後もさらにEC(Eコマース)の利用は拡大していくと考えることができます。

まとめ:EC(Eコマース)

EC(Eコマース)というと分かりにくい言葉に感じますが、
「インターネットショッピング、ネット通販のこと」と覚えておけば
イメージしやすくなるのではないでしょうか?

今後もEC(Eコマース)の分野は成長が続くと考えられますので、
ビジネスにおいても
積極的にEC(Eコマース)を利用していく必要があると考えられます。

以上が、マーケティングの用語、EC(Eコマース)の意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP