Wikiとは?のWiki(ウィキ)意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、Wiki(ウィキ)の意味を解説していきます。

Wiki(ウィキ)とはWebコンテンツの
管理システムを指すWebマーケティングの用語です。

通常、Webページを作るためには
HTML言語の知識、また編集するスキルが必要になりますが、
Wiki(ウィキ)を使うことによって、
HTMLに関する専門の知識やスキルがなくても
簡単にWebページの作成・編集を行うことができます。

Wiki(ウィキ)という言葉の由来は
「速い」「急ぐ」「形式張らない」という意味がある
ハワイ語の「Wikiwiki(ウィキウィキ)が由来とされています。

そのため、Wiki(ウィキ)ではなく
Wikiwiki(ウィキウィキ)と呼ばれることもある
Webマーケティングの用語になっています。

1995年にWard Cunningham氏が開発した
「WikiWikiWeb」というWebサイトで利用されていた
プログラムが現在のWiki(ウィキ)の原型となっています。

Wiki(ウィキ)は簡単にWebページの作成や編集が行えるCMS

Wiki(ウィキ)はHTMLなどのWeb言語の専門知識、スキルがなくても
Webブラウザを利用して簡単にWebページを作成・編集できる
CMS(コンテンツマネジメントシステム)のひとつです。

パソコンにソフトウェア・アプリケーションをインストールするのではなく、
実際にWebページを作成・編集するサーバーにインストールして利用します。

通常はWebページを構成するHTMLファイルやCSSファイルは
テキストエディタなどを使って編集しますが、
Wiki(ウィキ)を使う場合にはWebブラウザを利用して
Webページの作成・編集を行っていきます。

Wiki(ウィキ)は複数人で同時にWebサイトを構築していくシステム

Wiki(ウィキ)の特徴として、
複数人が共同で同じWebサイトを構築していくという
利用を想定したCMSということがあります。

そのため、Webサイトを閲覧しているユーザーが
すぐにその場でWebページを新規で追加したり、
簡単に編集できるようになっているWiki(ウィキ)もあります。

他にも、Webページの編集者に対してアカウントやパスワードを発行し、
編集時にパスワードで認証することによって
編集者となるユーザーを制限することもできます。

そのため、たとえHTMLなどの知識がなかったとしても
誰でも簡単に利用することができるように
Webページを作成・編集するための画面には
分かりやすい整形書式が用いられていることが多くなります。

Wiki(ウィキ)とBBS(電子掲示板)の違い

Wiki(ウィキ)はBBS(電子掲示板)に近いシステムと考えられることが多いです。

しかし、Wiki(ウィキ)とBBS(電子掲示板)では違いもあります。

BBS(電子掲示板)が時系列に発言を積み上げていく
コミュニケーションツールのWebメディアであるのに対し、
Wiki(ウィキ)は内容の追加や編集、削除が自由に行えて、
基本的に時系列に整理を行うことがありません。

そのため、非常に柔軟性が高く、
誰もが自由に記事を書いていくことができる
コラボレーションツールに近いと考えることができます。

Wiki(ウィキ)とブログの違い

また、Wiki(ウィキ)とブログも比較されることがありますが、
この2つにもしっかりと違いがあります。

ブログは基本的に管理者・運営者がひとりで編集したり
記事を追加していくことになりますが、
Wiki(ウィキ)は複数人で記事の編集や追加を行っていきます。

他にも、プラグイン(拡張機能)を利用することができるので、
様々な機能を追加していくことによって
利用しやすいようにカスタマイズしていくことができます。

Wiki(ウィキ)システムの具体例

Wiki(ウィキ)を実装したシステムの代表的な具体例に
MediaWikiというシステムがあります。

一般人を含め、誰でも編集可能で、
世界最大規模のオンライン百科事典の
Wikipediaでも実装されているシステムです。

MediaWikiはPHP言語によってプログラミングされているツールで
フリーソフトウェアとして配布されています。

そのため、MediaWikiを使うことによって
誰でもWiki(ウィキ)を利用したWebサイト・Webメディアを
構築することができるのです。

まとめ:Wiki(ウィキ)

Wiki(ウィキ)と聞くと、一般的にはWikipedia(ウィキペディア)を
イメージする人が多いはずです。

しかし、実際にはWebページを作成・編集するための
システムのことを指す言葉であり、
Wikipedia(ウィキペディア)は
Wiki(ウィキ)を使ったシステムのひとつに過ぎないのです。

Webサイトを構築する場合、
複数人での構築やユーザーにも編集の権限を与えたい場合、
Wiki(ウィキ)は最適なCMSの選択肢の1つになるはずです。

以上が、マーケティングの用語、Wiki(ウィキ)の意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP