ビジネス雑誌ワイアード(WIRED)の日本での評価・評判まとめ

ビジネス雑誌ワイアード(WIRED)の日本での評価や評判をまとめてみました。

ワイアード(WIRED)は1993年にアメリカで創刊した
テクノロジーに関するビジネス雑誌です。

現在では、アメリカだけではなく、
日本、イギリス、イタリア、ドイツの4ヶ国を加え、
合計4ヶ国で発刊されているビジネス雑誌です。

今回はそんなワイアード(WIRED)がどんな雑誌なのか、
日本での評価や評判はどうなっているのかなど、
ビジネス雑誌のワイアード(WIRED)についてまとめました。

ワイアード(WIRED)はアメリカで最も影響力があると言われたビジネス雑誌

ワイアード(WIRED)は1993年に創刊され、
現在では日本を含む5ヶ国で販売されている
デジタルテクノロジーを専門に扱うビジネス雑誌です。

アメリカではRED HERRING誌と並び、
最も影響力のある雑誌と呼ばれました。

ITやテクノロジー、ビジネスにおいて
ワイアード(WIRED)は時代を作った雑誌とも呼ばれ、
アメリカでは非常に評価が高く、評判のある雑誌になっています。

ワイアード(WIRED)の特徴は内容がビジネスに偏っていないこと

ワイアード(WIRED)の評判が高い理由として、
ビジネス雑誌ではあるものの、
内容がビジネスに偏りきってなく、
さまざまな分野に関するテーマを扱っていることがあります。

2010年以降にワイアード(WIRED)で特集されたテーマだけでも
「音楽」「未来都市」 「イノヴェイションは世界を救う」など、
ビジネスやテクノロジーだけでなく、様々な分野を取り扱っています。

ワイアード(WIRED)のキャッチコピーは「ビジネス書じゃないビジネス書」

それはワイアード(WIRED)が「ビジネス書じゃないビジネス書」というキャッチコピーで
あらゆる分野をビジネス視点で捉えるという目的から発行されているからです。

ビジネスをビジネスだけで捉えて考えるのではなく、
アイディア、イノベーションに重点を置くことで
ワイアード(WIRED)はアメリカを始め、
発行されている各国で高い評価や評判を得ることができています。

ワイアード(WIRED)はWebサイトの「Wired.com」「wired.jp」も運営している

ワイアード(WIRED)がアメリカで創刊された当初は
インターネットも黎明期だったため、
主な情報発信の媒体はテレビや雑誌でした。

しかし、現在ではインターネットが普及したことから
ワイアード(WIRED)もWebサイトでの情報発信を始めています。

それが、WebサイトのWired.comやwired.jpです。

日本の場合、wired.jpが日本語版のサイトとして
記事の閲覧をすることができます。

ワイアード(WIRED)はWebサイトにおいてもビジネスやテクノロジーだけに
とらわれることなく、
様々なテーマを取り上げることによって
アイディア、イノベーションにつなげている特徴があります。

ワイアード(WIRED)の日本での評価や評判は?

ワイアード(WIRED)は日本でも高い評価や評判を得ていて、
経営者からサラリーマン、学生まで多くの読者を抱えています。

電子書籍サービスを使ったデジタル版も発行されているので、
今後もさらにサービスを拡大し、評価、評判を高めていくと考えられます。

アメリカ版のワイアード(WIRED)が創刊された翌年、
1994年から日本のワイアード(WIRED)が創刊され、
現在でも高い人気を誇っています。

休刊された時期もありましたが、
日本でも高い評価・評判のビジネス雑誌として
現在も読みつづけられています。

ワイアード(WIRED)の日本語版Webサイト「wired.jp」も2011年にスタート

ワイアード(WIRED)は日本でもWebサイト
「wired.jp」をスタートしていて、
こちらも雑誌と同様に高い評価・評判があるWebサイトです。

スマートフォン(スマホ)やタブレットが日本でも普及しているため
現在では電子書籍やWebサイトの記事を中心的に
日本でもワイアード(WIRED)は利用されていると考えられます。

さまざまな分野を通してビジネスを見れるとして
ワイアード(WIRED)は日本でも高い人気を誇っているのです。

まとめ:ワイアード(WIRED)

1993年にアメリカで創刊されたワイアード(WIRED)ですが
現在は日本、イギリス、イタリア、ドイツの4ヶ国を加え、
世界中で高い評価や評判を得ているビジネス誌です。

ビジネスだけでなく、音楽や都市など
さまざまな視点を持っていることから
ワイアード(WIRED)はビジネスに関わる多くの人々から
高い評判・評価を得ることができているのです。

ワイアード(WIRED)は日本の評価、評判が高いビジネス雑誌ということです。

以上が、テクノロジーやビジネスに関する専門雑誌、
ワイアード(WIRED)に関する日本での評価や評判のまとめです。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP