幸せについて本気出して考えてみる

こんにちは、
深作浩一郎です。

以下記事を見て
幸せについて本気出して
考えてみました。

■「大卒30歳平均賃金」ベスト100社ランキング
http://toyokeizai.net/articles/-/102583?page=3

以下、気になった点を引用して抜粋しますが

>今回のランキング上位100社は30歳時点で30万円以上もらえる会社ばかり。
>普通の生活をするのであれば金銭的に厳しいことはないだろう。
>社会人としての経済基盤は安定し、仕事に集中できる環境と考えてよい。
>さらにこれらの会社の事業内容や働きやすさなどの情報を見ることでより深い企業研究ができる

個人的には、当時、会社員時代に
自分の理想の生活を思い描いたときに
月収30万円では足りませんでした。

思えば、それが
副業のキッカケだったのかも
しれません。

「幸せ」という定義は
人によって異なります。

そして、どんな「幸せ」も
それが正解です。

ちなみに私の場合は、
当時のガールフレンドと
好きなだけ遊べるだけの
余裕あるデート代や

都内で家賃10万円くらいの
1LDKくらいの綺麗な部屋に住むことや

できることなら、
会社を辞めて独立して
生きていける資金作りを
目標としていましたね。

これらのささやかな幸せを手にして
“当時の”私の幸せ像を実現するためには
到底、いただいてたお給料では足りずに
差額をどうしようか、と考えた結果、
「とりあええず副業するか」と
思い当たって行動していました。

結局は、副業で稼ぐために
貴重な休日を費やしたりと
ただでさえ忙しいのに
更に多忙になった結果

当時の私のオスとしての
人間的魅力がなかったおかげで、
ガールフレンドは
私のもとを離れることになり、
一人ぼっちになったわけです。

ただまぁ、
その数年後、今では
家賃も10万円どころではなく
ゲフンゲフンな家賃のマンションに
経営する会社の都合、
住まざるをえなくなったり

どんな飲食店でも
好きなときに行けるように
なりましたし

買いたいものも、基本的になんでも
即決で買えるようにもなりましたし

何より大切にしたい
何百人ものビジネス仲間、有志にも
恵まれるようになりました。

だからこそ私は、仲間の全員に
もっと金銭的な幸せを
掴んでほしいと思ってます。

日本で生きる以上、お金があれば
大抵の悩みは解決できます。

であるならば、やはり
お金で解決できる問題は
さっさと解決するべきです。

なので、何度も言いますが
今一度あなた自身が
“理想とする生活”を叶えるためには
いったいいくら必要なのか、を
計算してみてください。

これ、何度も指摘してますが
計算してない人が多すぎです。

理想の生活にかかる費用を
現実的な計算すらできないのに
なぜ、その理想を叶えることが
できるのでしょうか。

もし、あなたが本当に叶えたい夢や
実現したい幸せ像があるならば
それらを叶えるために必要なお金を
細かく計算してみてください。

人はゴールのないマラソンを走ることはできません、

マラソンは
ゴールが決まってるからこそ
頑張って走れるわけです。

なので、まずはゴールを決めてください。

かつての貧乏暇無しな私が
今では、時間にも経済的にも
自由になれたように
今のあなたにとっても
生まれ変わるキッカケになるでしょう。

■「大卒30歳平均賃金」ベスト100社ランキング
http://toyokeizai.net/articles/-/102583?page=3

深作浩一郎

■追伸.

何億回でも言いますが、
稼げない男は
稼げるようになりましょう。
甲斐性付けてナンボです。

日本で生活をする以上、
稼げるに越したことはないわけです。

大は小を兼ねます。

現実問題、お金があれば
ほぼ全ての問題が解決します。

でもって、お金を稼ぐ方法も
くそみたいな投資や
ギャン●ルなどの阿呆のすることに
取組んでは駄目です。

ビジネスで、確実に安定的に
収益源を手にしてください。

ビジネスは、
経験値が貯まっていきます。

今後、何が起きようとも
継続的に安定して
収入を増やすことができる
最強にして究極の
人生スキルがビジネススキルです。

引き続き、磨いていきましょう。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP