失敗すること自体が十分に当人への罰に値する

こんにちは、
深作浩一郎です。

「失敗すること自体が
十分に当人への罰に値する」

誰の言葉だったか
上の言葉が
最近、私の脳裏に
焼き付いています。

そりゃ人間だもの、
失敗するさ。

その失敗を自分で
気付き
次に活かすのが
大事だという事。

しかしこれが
「裸の大将」になると、
自分の失敗を
指摘されなくなるので
恐ろしいなと感じます。

失敗を重ねたまま
誰にも指摘されず
ズブズブと泥舟のように
沈んでいくことほど
恐怖なことはありません。

なのでやっぱり
良くないことは良くないと
ズバリ指摘してくれる
存在ってのは大事ですね。

失敗を恐れず、
そして
指摘されることを
恐れる必要はありません。

正しい方針を指摘され
自分の誤りを素直に認められる
大人の方が、よほど
カッコ良くて魅力的です。

何歳になっても、
過去にどれだけの
成果を出せていても

今より成長できる事に
喜びとパッションを
感じましょう。

そして、そのために
手を動かさないことには
何一つ、始まりません。

まずは手を動かして
1ミリでもいいので
前に進んでいきましょう。

それでは、また
メールしますね。

深作浩一郎

関連記事一覧

独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

PAGE TOP