ウェビナー(Webinar)とは?ウェビナー(Webinar)の意味を丁寧に解説

Webマーケティングの用語、ウェビナー(Webinar)の意味を解説していきます。

ウェビナー(Webinar)とは、ウェブ(Web)とセミナー(Seminar)を組み合わせた造語で
インターネットを使って行われるオンラインセミナーのことです。

パワーポイント(PowerPoint)と動画を組み合わせて行ったりします。

Ustreamなど、Webを使った動画配信の場合、
配信者から視聴者、参加者への一方的な情報発信、情報伝達になってしまいますが、
ウェビナーの場合、配信者と参加者の双方向で対話を進めていくことができます。

集客やクロージング用のプレゼンテーションをはじめ、
他にも、社内教育など、数多くの用途に用いられています。

ウェビナー参加者にとっては、会場に出向く必要がなく情報収集や学習ができ、
さらに、その場での質疑応答ができるので、疑問質問をすぐに解決できるメリットがあります。

ウェビナー実施者、配信者側からすると、
大きなコストをかける必要なく、大勢の顧客や見込み客と1度に対話をすることができます。

日本企業ではまだ導入例は少ないのですが、
アメリカの企業や外資系の企業では数多く導入され、普及していて、
ウェビナーの効果が注目されています。

ウェビナー参加者の詳細なメリットとは?

ウェビナー参加者にはどのようなメリットがあるのか、
詳しく解説していきます。

ウェビナー参加者にとっての最も大きなメリットは

「実施者、配信者の顔や仕草、話し方、声質、表情など、話の内容以外に多くの情報が手に入ること」

これがあげられるでしょう。

他にも、文字だけではなく、その場にホワイトボードなどを準備して
ウェビナーを開催する場合もありますので、
文字情報だけでは分かりづらい部分をその場で解説してもららえることがあります。

これは、質疑応答をその場でできるウェビナーならではのメリットですね。

また、実際に実施者、配信者の話している、動いている映像を見れますので、
企業や本人に対して安心感を得られるメリットがあります。

消費者、顧客の立場からすると、
どんな人、企業がその商品、サービスを販売しているのか、というのは
かなり気になるポイントでもあります。

しかも、通常のセミナーや説明会と違い、実際に会場や店舗に出向く必要がなく、
自宅のパソコンやタブレット、スマートフォンで参加できるというメリットもあります。

ウェビナー実施者、配信者の詳細なメリット

次に、ウェビナーを実施する側、配信する側の詳しいメリットについて
どんなメリットがあるのかを解説していきます。

集客やセールスなど、マーケティングの一貫としてウェビナーを取り入れる場合、
実施者、配信者の動画を配信することになりますので、
消費者、見込み客からの信頼を得ることにつながります。

ホームページに笑顔の写真を載せたり、自己紹介、プロフィールを載せて
消費者、見込み客の信頼を得ようとすることもありますが、
声や表情、動きが伝わる映像を使うのが最も消費者からの信頼を高めることにつながります。

ネット上に顔を出す、というリスクのある行動を取ることによって
参加者からすると、「自信の表れ」に思うことができて、信頼感が上がるのです。

さらに、1度ウェビナーで顔や声を配信しておくことで、
今後実際のセミナーで会ったりした場合に、
すぐに誰なのか分かってもらえるようになる効果もあります。

Webマーケティング、オンラインマーケティングにおいて
「信頼」「信用」は最も重視されるポイントの1つになります。

それを低コストで、1度に多くの消費者、見込み客に対して配信できるのが、
実施者、配信者側がウェビナーを使う大きなメリットということになるでしょう。

ウェビナー成功のための7つのポイント

では、次にウェビナーを成功させるためのポイントを7つ紹介します。

ウェビナーはポイントを押さえて行わないと、
効果がないどころか、参加者に悪印象を与えてしまう場合もあります。

それを防ぎ、
ウェビナーを成功させるためのポイントをまとめました。

ウェビナー成功のためのポイント1

あらかじめ、ウェビナーのターゲット、そして内容を決めて
伝えたいメッセージをまとめておきましょう。

これをしておくことで、
参加者に伝えたいことをしっかりと伝えることができるようになります。

ウェビナー成功のためのポイント2

セミナーの時と同じ服装、身だしなみを心がけてください。

ラフな服装、伸びた髭などは参加者に対して悪い印象を抱かせます。

ウェビナー成功のためのポイント3

背景をすっきりさせましょう。

白いパーテーションを背景に置いておくなど、
できるだけ部屋の中が見えないようにすることでプロのような印象になります。

ウェビナー成功のためのポイント4

カメラで実際に撮影してみて、
パソコンに映像を映して見栄えを確認しましょう。

外部の回線を使って確認することで、
画質や音質が配信時に荒れないか確認できます。

ウェビナー成功のためのポイント5

照明をしっかりと使い、撮影場所を明るくしましょう。

映像が暗いと、それだけで素人感のある映像になってしまいます。

ウェビナー成功のためのポイント6

顔の下に白いものを置いて、照明の光をうまく反射させましょう。

座って話す場合、膝の上に白いハンカチを置くのも効果的です。

ウェビナー成功のためのポイント7

ウェビナー本番前に最低3回以上、実際に録画して練習するように心がけます。

理想的なのは誰か人に見てもらうことですが、
自分自身での確認でも問題ありません。

以上が、Webマーケティングの用語、ウェビナー(Webinar)の意味、
また、ウェビナー(Webinar)を成功させるコツになります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP