イノベーションのベルカーブとは?イノベーションのベルカーブの意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、イノベーションのベルカーブの意味を解説していきます。

アメリカ、スタンフォード大学の社会学者である
エベレット・M・ロジャース教授が提唱した新商品や新サービスに対する顧客の分布の理論で
イノベーター理論というマーケティングの理論があります。

イノベーター理論では消費者は以下の5種類のグループに分けられます。

1:先駆者、イノベーター

新商品を最も早く購入する消費者グループです。

新しい技術や新しい商品、サービスでも
積極的に取り入れていく傾向のあるグループです。

リスクを恐れず新しい商品やサービスを取り入れることから
「リスクテイカー」と呼ばれることもあります。

市場全体の約2.5%の顧客ボリュームがあると言われています。

2:初期少数採用者、アーリーアダプター

1のイノベーターが炊く評価した商品やサービスを
積極的に取り入れる、採用する消費者のグループです。

これまでの商品やサービスになかった
新しいベネフィットに注目する特徴があるグループです。

他の消費者の層、グループへの影響が大きいことから
「オピニオンリーダー」と呼ばれることもあります。

このアーリーアダプター、オピニオンリーダーを中心に
商品の口コミに関するネットワークが形成されるため、
アーリーアダプター、オピニオンリーダーが商品の普及のカギと言われています。

顧客ボリュームは市場全体の約13.5%です。

3:初期多数採用者、アーリーマジョリティー

大多数のグループですが、
どちらかと言えば早めに新商品や新サービスも採用する消費者グループです。

価格が少し落ち着いてきた時期に、
アーリーアダプターやセールスマンからの影響を受けて商品やサービスを購入します。

顧客ボリュームは市場全体の34%にのぼります。

4:後期多数採用者、レイトマジョリティー

3のアーリーマジョリティーと同様に、
市場全体の大多数を占めるグループですが、
こちらは平均よりも遅めに新商品やサービスを採用するグループです。

アーリーマジョリティーよりも猜疑心(さいぎしん)が強いので、
広告やセールスにも影響されづらい消費者のグループになります。

雑誌の記事やテレビ番組での紹介、口コミが
レイトマジョリティーへの普及には欠かすことができません。

顧客ボリュームは3のアーリーマジョリティーと同じく、市場全体の34%と言われています。

5:伝統主義者、ラガード

保守的な思考が強く、伝統的や定番という昔ながらの商品やサービスを採用する
消費者のグループです。

そのため、新商品や新サービスについては、
市場に定着して、定番化するまで採用することはありません。

伝統に縛られて、新しい技術を否定するともいわれている消費者グループです。

顧客ボリュームは市場全体の約16%と言われています。

イノベーター理論をグラフにするとイノベーションのベルカーブが描かれる

新商品や新サービスの普及率、販売数を縦軸に、
そして、販売してからの時間を横軸としてグラフを作り、
度数分布曲線を描くことでイノベーター理論を表現することができます。

そうすうと、度数分布曲線の形が釣鐘型になるので、
「イノベーションのベルカーブ」という言葉が使われるようになりました。

アーリーアダプターとアーリーマジョリティーの間の深い溝「キャズム」

そして、イノベーションのベルカーブを描いた場合、
アーリーアダプターとアーリーマジョリティーの間に深い溝ができてしまいます。

この溝のことを「キャズム」というのですが、
このキャズムを乗り越えて、新商品、新サービスをアーリーマジョリティーにまで
普及させることができるかどうかが新商品、新サービスを成功させることができるかどうかの
カギになると言われています。

逆に、この「キャズム」の溝にはまってしまい、出てこられなければ
商品やサービスの普及に重要な役割を果たすアーリーマジョリティーに
新商品、新サービスを浸透させることができなくなってしまい、
市場全体に普及することはなく、そのまま消滅していってしまうのです。

イノベーションのベルカーブの深い溝「キャズム」を乗り越えて新商品は普及する

イノベーションのベルカーブにある深い溝、キャズム、
この溝を超えられるかがどうかが新商品、新サービスの普及のカギとなるのです。

そのため、新商品や新サービスを市場に普及させたい場合には、
どうやってキャズムを乗り越えるマーケティングを組み立てるか。

つまり、どうやって市場の大多数を占めるアーリーマジョリティーに
新商品、新サービスを普及させるかのマーケティングが重要になります。

新商品、新サービスのマーケティングを考える際に大切になるのが
イノベーションのベルカーブであり、イノベーター理論なのです。

イノベーションのベルカーブ、イノベーター理論を元に、
新商品のマーケティングを進めていきましょう。

以上がマーケティングの用語、イノベーションのベルカーブの意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP