セールスリードとは?セールスリードの意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、セールスリードの意味を解説していきます。

セールスリードとは、将来的に商品の販売やサービスの契約など
「成約」に結びつく可能性の高い消費者のことを指したマーケティングの用語です。

将来的に自社の商品、サービスの顧客となる
「見込み」のある消費者を指すことから
見込み客と呼ばれることもあります。

自社の出した広告に対する問い合わせや資料請求を行ったり、
自社のWebサイトを閲覧する行為、またはそれを行った消費者を指して
セールスリードと言う場合もあります。

セールスリードは単に「リード」と呼ばれることが多い

セールスリードは見込み客を意味するマーケティングの用語で、
見込み客のことをマーケティングの用語では「リード」と呼ぶことが多くなります。

そのため、セールスリードについても、
単なる「リード」という言葉が使われることが多いです。

では、どのような場合にセールスリードという
マーケティングの用語が利用されるのでしょうか?

「リード」ではなく、「セールスリード」という言葉が使われるのは、
主にアメリカの企業、米国系の外資系企業となります。

その中でも特に、営業に関わる人は
「リード」という言葉ではなく「セールスリード」を使うことが多くなっています。

見込み客のことを指して、「リード」「セールスリード」
二通りの言葉が使われることも多いですが、
どちらも同じく「見込み客」を意味する言葉になりますので、
外資系企業と関わる場合には混乱しないように覚えておくといいでしょう。

セールスリードを広告から獲得する例

セールスリードはマーケティングやセールスの用語で、
日本の企業でも、さまざまな呼ばれ方をすることがあります。

商品への「問い合わせ」「引き合い」「見込み客」「見込み客の情報」など
最終的に販売成立・受注・成約につながる可能性のある
先行するものという意味で使われる言葉になります。

たとえば、広告を利用して商品の告知、広告を行う際に、
「詳しくはお問い合わせください」と広告に載せて、
実際にその広告から問い合わせのあった消費者・顧客に
セールスを行い、商品を販売していく方法があります。

このような商品販売・セールスのプロセスの端緒となる顧客・消費者を
セールスリードやリード、見込み客、引き合いなどと言います。

セールスリードには統一的な定義は存在しない

セールスリードには、商品の資料や体験版・お試し版の請求、
購入の引き合い、次回接触の許諾など、顧客側の反応を指すこともあります。

そして、販売側にとっては、それらの反応を示した個人や企業、
つまり、見込み客や見込み客に関する情報やリストがセールスリードとなります。

セールスリードを見込み客とした場合、
その見込み客の見込みの程度、どのくらい成約に結びつきやすいかには
統一的な定義がありませんので、
「何らかの興味を示した相手」から
「将来の販売が期待される潜在顧客」「すぐに商談プロセスに入れる顕在顧客」まで
さまざまな見込みの度合いの消費者をセールスリードと呼びます。

つまり、セールスリードやリードには、統一的な定義がありませんので、
セールスリードという言葉が出てきた場合には
どの程度の見込みのある個人や企業を意味しているのかを確認する必要があります。

見込み度合い順に分かれる3種類のセールスリード

セールスリードに統一的な見込み度合いの基準がないことから、
見込み度合いが高い順に、3種類に分けられる場合もあります。

見込み度合いが高い順にセールスリードは
どのように呼ばれているのかを紹介していきます。

見込み度合いで分けられる3種類のセールスリードその1:ホットリード

極めて有望なセールスリード・見込み客のことで、
すぐにでも購入が見込める、成約につながりそうな見込み客です。

見込み度合いで分けられる3種類のセールスリードその2:ウォームリード

近く販売・成約に結びつきそうなセールスリードや
購入する可能性の高いセールスリードのことを言います。
一般的には「有望な見込み客」と呼ばれることが多くなります。

見込み度合いで分けられる3種類のセールスリードその3:コールドリード

「ホットリード」「ウォームリード」と比較すると、
商品の購入・成約に結びつく可能性の低いセールスリードです。

商品やサービスへの購入意欲が乏しいセールスリードのことを指してもコールドリードと言います。

セールスリードをいかに生み出していくかがマーケティングでは重要

マーケティング活動では、
自社と関係の無い消費者や企業をどのようにセールスリードに変えていくかが重要になります。

マーケティングが重要視されている現在では、
さらにセールスリードを獲得していくことの重要性が高まっていくでしょう。

以上が、マーケティングの用語、セールスリードの意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP