ブランドマーケティングとは?ブランドマーケティングの意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、ブランドマーケティングの意味を解説していきます。

ブランドマーケティングとは、ブランドの持つ力を
最大に引き出すことに注力するマーケティングの手法です。

企業や商品の名前やイメージ、個性や価値といったブランドを
高めるための販売戦略やマーケティングの手法です。

企業経営を安定させ、確固たるものにするには
優れたブランドの確立が重要となります。

そのためにも、ブランドのコンセプトを明確化し、個性を育て、
消費者に認知させて価値を高めるための様々な手法、
つまり、ブランドマーケティングが必要になるのです。

ロゴマークやデザインの刷新、
競合商品との差別化、消費者とのコミュニケーションなどが
ブランドマーケティングということになるのです。

ブランドマーケティングとは?「ブランドマーケティングの本質」

ブランドマーケティングの本質を一言で表す場合、
「市場の新しい選択軸を生み出すこと」と表すことができます。

顧客や消費者が商品やサービスを購入する場合の選択肢は
市場の特性によって異なり、普通はいくつかの要素の組み合わせによって
優先順位が生じることになります。

たとえば、最も分かりやすい選択軸となるのが「価格」です。

典型的な例だと、スーパーマーケットで食材を購入したり
ドラッグストアで日用品を購入する場合には、
とりあえず価格の低い方を選ぶという行動があります。

顧客や消費者は、商品やサービスの違いが認識できない場合
価格を選択軸に意思決定をするようになります。

そんな中で、ブランドマーケティングは
価格による意思決定という選択軸から抜け出すための考え方なのです。

つまり、ブランドマーケティングでは顧客や消費者に対して
価格以外の何かしらの選択軸を提示する必要が出てきます。

「独自機能」「個性的なデザイン」「きめ細かいアフターサービス」
これらの価格以外の何かしらの選択軸を顧客に提示します。

ブランドマーケティングでは、自社の強み、顧客のニーズ、
他にも最先端のテクノロジーなど、
さまざまな角度から顧客に提示できる選択軸を検討、分析します。

これがブランドマーケティングの醍醐味であり、
また、非常に重要な部分でもあります。

ブランドマーケティングの基本戦略アプローチ

ブランドマーケティングでどのように選択軸を顧客に提供するか、
そのアプローチの方法は企業や顧客によって無数に存在しますが、
ブランドマーケティングにおける3つの基本戦略アプローチに分けることができます。

ここでブランドマーケティングの3つの基本戦略アプローチを紹介します。

ブランドマーケティングの基本戦略アプローチ1:新しい価値の創造

最初のブランドマーケティングでの基本戦略アプローチは、
「新しい価値の創造」、つまり、これまでに世の中に存在しなかった
機能や体験を企業が自ら生み出していくことです。

具体的なブランドマーケティングの新しい価値の創造の例を挙げるとすれば、
「Google社の検索エンジン」「Apple社のスマートフォン開発」
これらが代表例として挙げることができます。

「新しい価値の創造」によるブランドマーケティングでは
GoogleやAppleの例のような場合には、
マーケティング力よりも技術開発力が必要となり、重視される傾向にあります。

その一方で、民泊仲介サイトのエアビーアンドビー、
タクシー配車アプリサービスのウーバー、
これらのように、技術開発力よりも、ビジネスモデルの革新によって
実現するブランドマーケティングもあります。

ブランドマーケティングの基本戦略アプローチ2:潜在的なニーズの発掘

次のブランドマーケティングの基本戦略アプローチは
「潜在的なニーズの発掘」です。

自社も他社も気付いていない、市場が注目してこなかったニーズを掘り当て、
それにフォーカスしていくブランドマーケティングです。

具体的な例としては、「朝専用缶コーヒー」「ノンシリコンシャンプー」があります。

缶コーヒーに朝か夜かという選択軸はこれまでになく、
また、シャンプーにもシリコン、ノンシリコンという選択軸はありませんでした。

「新しい価値の創造」と違う点としては、
全くのゼロから製品やサービスを開発したのではなく
既存の製品やサービスを部分的に変更した点があります。

「潜在的なニーズの発掘」によるブランドマーケティングでは
技術開発力よりも、顧客の潜在的なニーズを掘り当てるマーケティングが
成功のカギを握ることになる手法です。

ブランドマーケティングの基本戦略アプローチ3:心理的価値による差別化

「心理的価値による差別化」を利用したブランドマーケティングでは
商品やサービスの中身ではなく、「印象やイメージ」など、
心理的な要素に基づいて顧客の選択軸を増やすアプローチを行います。

「心理的価値による差別化」を利用したブランドマーケティングの
具体的な例として挙げられるのが、
LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)などの
高級ブランドの戦略があります。

他にも、有名タレントを起用したプロモーションなどで
印象やイメージなどの選択軸を顧客に提供するブランドマーケティングになります。

無数にあるように思われるブランドマーケティングの戦略も
大きくこの3つの基本戦略アプローチに分類することができます。

以上が、マーケティングの用語、ブランドマーケティングの意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP