LPOとは?LPO(ランディングページ最適化)の意味を丁寧に解説

Webマーケティングの用語、LPO(ランディングページ最適化)の意味を解説していきます。

LPO(ランディングページ最適化)とは
自社のWebサイトを訪れたユーザーが
一番最初にアクセスするWebページを
ユーザーの興味・関心に合わせて改善・最適化することです。

LPO(ランディングページ最適化)によって
Webサイトへの滞在時間を伸ばしたり、
また、Webサイト内の特定のページへ誘導することができます。

LPO(ランディングページ最適化)における
自社サイトで最初にアクセスするWebページとは
検索エンジンでの検索結果に表示されるWebページ、
メルマガなどのURLをクリックした先で表示される
Webページのことを指します。

LPOとは
Landing Page Optimization(ランディングページオプティマイゼーション)の
頭文字を取って省略した言葉で、
日本語にした場合には「ランディングページ最適化」という意味に訳されます。

LPO(ランディングページ最適化)におけるランディングページとは?

LPO(ランディングページ最適化)のランディングページは
リスティング広告のリンク先など、
製品やサービスの販売、資料請求やメルマガ登録など、
広告宣伝のWebページを指すと思われることが多いです。

しかし、実際には
「Webサイトにアクセスしたユーザーが最初に閲覧するWebページ」で
広告・宣伝のためのWebページとは限りません。

検索エンジンの検索結果にWebサイトのトップページ・ホームページが表示されれば
ランディングページとなりますので、
LPO(ランディングページ最適化)の対象のWebページとなります。

具体的には検索エンジンの検索結果に表示されるWebページ、
バナー広告をクリックした先に表示されるWebページ、
メルマガのURLをクリックした先に表示されるWebページ、
他のWebサイトに貼られたリンクをクリックして表示されるWebページ、
これらがランディングページとなり、
LPO(ランディングページ最適化)の対象となります。

LPO(ランディングページ最適化)ではアクセスしたユーザーの興味・関心に合わせてWebページを改善・最適化する

LPO(ランディングページ最適化)では
ランディングページにアクセスしてきたユーザーの
興味や関心に合わせてWebページを改善し、最適化します。

たとえば、リスティング広告を出稿し、
そこに表示されるWebページに対して
LPO(ランディングページ最適化)を行うのなら、
ユーザーの検索キーワードに合わせて
Webページの内容を変えていくことになります。

直接ランディングページで製品やサービスの販売をしたり、
資料請求やメルマガ登録による見込み客(リスト)の獲得を目指すなら
成約率を上げるための工夫を施すのがLPO(ランディングページ最適化)になります。

ランディングページから他のWebページに誘導したい場合は
ユーザーの興味・関心のあるコンテンツを増やすことで
離脱率を減らしていくことがLPO(ランディングページ最適化)となります。

LPO(ランディングページ最適化)の具体的な手法:ABテスト

LPO(ランディングページ最適化)の具体的な手法に
ABテストという手法があります。

ランディングページとなるWebページを複数用意し、
同じ条件でランダムに表示させることによって
成約率やユーザーの離脱率などを計測していき、
より効果の高いWebページを採用するLPO(ランディングページ最適化)の手法です。

ABテストと呼ばれる手法なので、2つのWebページを
比較する手法のように思われますが
実際には2つ以上、つまり、3つや4つ、それ以上を用意し
比較していく場合もあります。

リスティング広告でABテストを行う場合、
自動的にテストができるツールが存在し、
メルマガの場合はメルマガ配信スタンドが
ABテストの機能を提供している場合があります。

ABテストは手軽に行え、
さらに確実に成約率の向上などが狙えるので、
LPO(ランディングページ最適化)においても
主流になっている手法の1つです。

まとめ:LPO(ランディングページ最適化)ではテストが重要になる

LPO(ランディングページ最適化)で最も重要になるのが
ABテストをはじめとした、
実際にWebページを使ってテストをしてみることです。

コピーライターやデザイナーが自信を持って作成したWebページでも
実際にリリースしてみると思ったよりも成約率が取れず、
リニューアル前のWebページの方が高い成約率になることもあります。

時間・お金といったコストを使って施策を行う以上、
意味のあるものにするためにも、
LPO(ランディングページ最適化)を行う場合には
実際にWebページを使ってテストをしてみることによって
数字を見て結果を計測し、改善・最適化していくことが大切になります。

以上が、マーケティングの用語、LPO(ランディングページ最適化)の意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP