ソーシャルリスニングとは?ソーシャルリスニングの意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、ソーシャルリスニングの意味を解説していきます。

ソーシャルリスニングとは、
TwitterやFacebookなどのソーシャルメディア上にある
ユーザーの様々な情報を収集し、調査・分析することで
トレンド予測を行なったり、自社商品に対する評判・改善点などを
明らかにしていくことによって
今後のマーケティング戦略に活かしていく手法のことです。

ソーシャルリスニングによって
ソーシャルメディア上にあるユーザーの生の声に
焦点を当てることができるので、
トレンド分析、自社製品やサービスに対する
さまざまな口コミや評判を分析し、
改善点などを明らかにしていくことができます。

他にも、ソーシャルリスニングでは、
一般ユーザーのブログなどにおける発言、
Web上での行動履歴といったデータを集め、
分析ツールやシステムを利用して調査・分析をしていきます。

ソーシャルリスニングはSNSにおけるユーザーの日常感を利用したマーケティングリサーチの手法

ソーシャルリスニングでは、
SNSやブログなどのソーシャルメディアを使うため、
ユーザーの日常の中にある、
より自然な消費者の声を集めることができる
マーケティングのリサーチ手法になります。

そのため、従来のマーケティングリサーチよりも
消費者インサイトの理解、トレンドの予測、ブランド評価などにおいて
自然なデータを集め、マーケティングに利用することができます。

ソーシャルメディアの普及が可能にしたソーシャルリスニングの調査

ソーシャルリスニングを使わなくても、
従来の市場調査、マーケティングリサーチでも
消費者の声を集める調査の手法は存在しました。

しかし、それらの調査の場合、あくまで企業が用意した
アンケートなどの場における消費者の声であり、
消費者の自然で素直な意見を集めることは困難でした。

しかし、SNSをはじめとした
ソーシャルメディアが普及したことによって
ソーシャルリスニングが可能となり、
より自然で素直な消費者の声や口コミを
集めることができるようになりました。

TwitterやFacebookなどにおける消費者の情報発信を
収集・分析することにより、
消費者の素直な声・意見を集める
ソーシャルリスニングをすることが可能になったのです。

ソーシャルリスニングによっていち早く消費者の不満を知ることができる

ソーシャルリスニングでソーシャルメディアにおける
消費者のリアルな、素直な声・意見を収集することによって
早い段階で消費者の不満を知ることができます。

そのため、ソーシャルリスニングを行うことで
消費者の不満が表面化、顕在化する前に
製品やサービスの改善など、
対策を打っていくことができるようになったのです。

ソーシャルリスニングでマスメディアにおける情報発信の反響を知れる

従来の宣伝・広告方法として一般的だった
マスメディアを利用したマーケティング、情報発信では
企業が一方的に情報を発信するために、
消費者の反応が分かりづらいというデメリットが存在しました。

しかし、ソーシャルメディアが普及することで
消費者によるマスメディアに対する感想や意見が
SNSなどを見ることによって把握できるようになりました。

SNS、ブログなどで
不満や批判的な意見も含めて、
マスメディアに対する消費者の
素直な声・意見が情報とした発信されているのです。

そのため、ソーシャルリスニングによって
これまで評価しづらかった
マスメディアを使ったマーケティングの効果などについても
消費者の反応から分析することができるようになりました。

ソーシャルリスニングによって消費者の潜在的なニーズを集めることもできる

ソーシャルリスニングを利用することによって、
このような消費者の素直な、自然な声や意見を見ることで、
マーケティングにおける現状を把握、理解することができます。

他にも、今後のトレンド予測にも
ソーシャルリスニングは効果を発揮する手法になりますので、
市場における消費者の
潜在的なニーズをくみ取って役立てることもできます。

まとめ:ソーシャルリスニングは日本でも普及していくことが考えられる

ソーシャルリスニングは現在、
アメリカでは一般的に利用されている
マーケティングリサーチ・市場調査の手法ですが、
日本では一般的に普及しているわけではありません。

しかし、日本においても、
ソーシャルリスニングの調査対象となる
ソーシャルメディア・SNSは一般的に利用されていて、
既に多くの消費者に普及しています。

そのため、今後は日本でもソーシャルリスニングが普及し、
さまざまなマーケティング戦略の構築にも
役立てていけると考えられています。

ソーシャルリスニングを取り入れることで
消費者の素直な声・意見を取り入れていくことが
今後のマーケティング活動においては
非常に重要なこととなっていくでしょう。

以上が、マーケティングの用語、ソーシャルリスニングの意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

PAGE TOP