CPL(コストパーリード)とは?とは?の意味を丁寧に解説の意味を丁寧に解説

マーケティングの用語、CPL(コストパーリード)の意味を解説します。

CPLとは、1件のリード(見込み客)を獲得するために費やした
マーケティングのコスト、費用のことになります。

CPLとはCost Per Lead(コストパーリード)の単語の
それぞれの頭文字を取って名付けられた
マーケティングの用語になります。

インターネット広告の出稿などのマーケティング施策の
費用対効果を測るための指標の1つとなっていて、
リード(見込み客)1件の獲得にかかった費用を算出して
マーケティング施策の費用対効果を計測していきます。

これまで、広告やマーケティング施策の費用対効果を測るための指標には
商品やサービスの購入・契約、会員登録の獲得という
成果1件当たりに費やした費用を示す
CPA(コストパーアクションまたはコストパーアクイジション)が
よく使用されてきました。

しかし、業種形態によってはCPAだけでなく、
CPL(コストパーリード)、つまり、見込み客獲得コストを
同時に指標として使っていくことが効果的な場合もあります。

CPL(コストパーリード)の計算方法・求め方

では、実際にCPL(コストパーリード)の計算方法・求め方を解説します。

CPL(コストパーリード)、つまり、1件のリード(見込み客)獲得のための費用は
リード獲得のためのマーケティング施策に費やした費用を
そのマーケティング施策によって獲得したリードの数で割ることによって
計算、算出することができます。

計算式とした表す場合には、以下のような式になります。

CPL(コストパーリード)=マーケティング施策に費やした費用/マーケティング施策によって獲得したリードの数

例えば、展示会を利用して名刺を集めるマーケティングの施策をする場合、
展示会のためにかかった総出展コストを獲得した名刺の数で割って
CPL(コストパーリード)の数値を算出することになります。

具体的な数字を出して計算式に当てはめてみましょう。

マーケティングの施策に10万円の費用をかけて、
1,000件のリスト(見込み客)を獲得することが出来た場合、
先ほどの計算式、
CPL(コストパーリード)=マーケティング施策に費やした費用/マーケティング施策によって獲得したリードの数
に数字を当てはめています。

CPL(コストパーリード)=10万(円)/1,000(件)

つまり、100,000÷1,000という計算をすればいいので、
この場合のCPL(コストパーリード)の数値は
リード(見込み客)一件あたり100円ということになります。

このようにCPL(コストパーリード)を計算することによって
マーケティング施策の効果を数字によって、明確に評価することができます。

CPL(コストパーリード)を計算・算出して調査するタイミング

リード(見込み客)を獲得する方法は主に2種類あります。

専門の業者から「マーケティングリスト」を購入する方法と、
自社のマーケティング施策によって
ダイレクトメール(DM)や展示会・セミナーなどから集める方法です。

CPL(コストパーリード)を計算するタイミングは
この2種類によってそれぞれ異なってきます。

まず、専門の業者からマーケティングリストを購入した場合です。

その場合は、すぐにCPL(コストパーリード)を計算して算出します。

ダイレクトメール(DM)や展示会・セミナーなど
自社のマーケティング施策によってリード(見込み客)を集めた場合は
数週間後や数ヶ月後に算出を行うのが一般的になります。

CPL(コストパーリード)の計算・算出における注意点

CPL(コストパーリード)はマーケティング施策の効果を評価する
1つの基準として利用していくことになりますが、
そこには1つ、注意点が存在します。

CPL(コストパーリード)というのは、
マーケティング施策にかかった費用・コストを
獲得したリード(見込み客)の総数で割った
あくまで1件のリードを獲得するための「平均コスト」でしかありません。

つまり、リード(見込み客)の質を測定したり
評価したりする指標として利用することはでいないのです。

例を挙げるとするならば、
インターネット、Web広告のバナー広告から獲得したリード(見込み客)と
展示会やセミナーに実際に訪れたリード(見込み客)では
どちらの方が購買意欲が高いか、コンバージョン(成約)に繋がりやすいか、
明確な差が現れますよね。

つまり、CPL(コストパーリード)を算出して評価・判断に利用する場合、
CPL(コストパーリード)単体で判断してしまうのではなく、
獲得したいリード(見込み客)の質やマーケティング全体のバランスを
合わせて考えながら判断していく必要があります。

CPA(コストパーアクションまたはコストパーアクイジション)と
合わせながらCPL(コストパーリード)も判断していく必要があるのです。

以上がマーケティングの用語、CPL(コストパーリード)の意味になります。

ぜひ、参考にしてください。

関連記事一覧

出版記念プレゼント企画スタート





独身社長の食生活、一部公開中


もちろんスーパーで野菜と肉買って一人鍋とかする日もあります。
学生時代は牛丼屋の松屋でもバイトしてた食いしん坊な男です。

無料配布中、セミリタイアの真実

PAGE TOP